今日は仕事しますよ。昨日は鈴鹿南コーステストで満員御礼の枠いっぱい車両でした。すごいですね。名阪や近スポ スポーツランド生駒とは違いすごいですね。マジいっぱいで渋滞じょうたいでした。また赤旗も多く結構絡んでる人が多かったです。
あびない・・・・・・・

まぁテストも無事終わり課題もまた見つかり今できる範囲での調整を進めるだけですがほんとHRC NSF125Ceraお銭ちゃん 鬼の速さですね。マジすんごい速いです。いくらターンで刺してもすぐストレートの加速で一瞬で抜かされてしまう。これはやばいです。後約3週間程度・・・・できることをまずやるしかないので調整してみましょう~~~~('◇')ゞ


しかし(株)伊東電気商会様も自己ベスト更新1分01秒7 去年より1秒速くなりました すごいっす・・・でおいらのヤマハYZF-R125ヤンも初南コーステストで1分01秒4までは出せましたがまだまだだめです。何とかしなくっちゃぁ~~~~~~(◎_◎;)

困ったもんで…悩んでいます。
とりあえず考えよう~~~~~っと さて石川県から持ってきてくれましたホンダNSR250R SE MC28の整備ですがいよいよエンジンの作業に入ります。

いろいろ頭文字Yさんと話をし今回問題となっているエンジン部分のトラブル・・・原因を追究していき採集的に問題は組付けの問題ということでケースがやばい状態になっていることが判明・・・・・

画像ではわかりにくいかもしてませんがまずミッションの方でカセットミッションを外してみると鉄粉だらけ…って言うかアルミの削り粉がいっぱいでてかてかになってオイルがでてきました・・・・何が問題か…

次にピストンの軽いこすれ 簡単に言うと焼き付き気味????になるのかな???立て傷がついています。

あと残念なクランクケースの左側オイルシールの周り止めシールが逆に組まれ曲がって壊れています。これにより何らかの原因でエンジンのクランクベアリングが音が鳴り始めたようですが・・・でもお話を聞くと井上ボーリングでOHしてもらったばかりって言ってましたが・・・おいらも以前2件か3件井上ボーリングさんでOHしてもらったら・・・・・

ダメでしたね。やはり古い軸に新品ベアリングを入れても歪がすぐ出るのでしょうね。残念ですがクランクシャフトが新品が出る間は新品がいいですね。

とりあえず頭文字Yさんとご相談しクランクシャフトは新品にすることとなりました。では次にチェックですがシリンダーのベースガスケット部分に深い傷が・・・・(◎_◎;)

おそらく漏れはないとは思いますが・・・・何のきずだ???正直かなり怪しいですのでまぁメッキがはがれていないしホーニングの後も十分見えるしシリンダーは再利用をしピストン関係をCerakote加工をすることとなりました。

Who's Online

ゲスト 1936人 と メンバー0人 がオンラインです