昨日はパノリンカップ6時間耐久に参戦し 天気にちょい翻弄されまぁ何とか完走はできました。でも ゆめの~~~がぽってっとこけてしまい。けがはないのですが何とか完走できよかったです。結構途中路面を濡らすぐらいの雨が降ってきてこれまたおいらのスティントですがなぁ~~~~~(-_-;)
2年ほど前の転倒を思い出す・・・・・(-_-;) ケツが4つに別れるぐらい痛かった転倒を思い出す~~~~~しかし今回はおいらはコケ無くて良かった・・・・・・

残念なのがゆめの~が最後の最後でちょい2turnで転倒したのが残念 ほんと 本人に怪我がなく良かったけど・・・・再スタートも何とか出来て8位チェッカーでした。 次回は琵琶湖 リメンジだね・・・でもお銭ちゃんのエンジンもやはり良くないよね。・・・・
そうそう 今回KOODさんのクロモリシャフトを追加でフロント以外にピボットシャフト リヤアクスルシャフトに投入
レポートで言うと足回りの動きがはっきりわかるというか路面の凹凸が手に取るようにわかる・・・・



これはポジティブな意見とネガティブな部分と両方でてきました。 まず ポジティブな話からいうととても運動特性がよくブレーキング時のフロントの弱い部分 剛性感がありこれはフロントアクスルシャフトのクロモリKOODさんを投入したとたんすぐわかった さらに今回リヤとピボットと入れてみると足回りの設置感の感じやすさ 雨でも路面状況が解かりやすい・・・・・なんな動きもなく濡れた路面でもはっきり路面を感じやすく安定していました。

さてネガな部分を言うとがっちりしすぎて路面の悪い部分が前後のタイヤを通じて車体に伝わってくる・・・・これが高速ターンになる1ターンと5ターン当たりの加速をしながら開ける区間の立ち上がりに大きく車体が暴れる・・・今までならノーマルスイングアームやノーマルフレームのシナリでごまかされていた部分がはっきりわかりアルミスイングアーム、強化メインフレーム、RS倒立フォーク 似つわたって車体にすぐ影響される‥怖い部分もあるけどこういうものかぁ~~って思うとそうでもない。 ほかに一緒に走った公爵閣下やゆめの~も1ターンなどのあばれは感じるって言っていたなぁ~

しかしフロント、リヤ、ピボットに3か所にクロモリKOODさんのシャフトを投入しただけでこれだけ路面状況が解かりやすいとは・・・・びっくり 是非YAMAHA YZF-R1 サンドラさんにも使ってみたいですね。
次は是非・・・・・って今回のブログはトライアンフの車両名が解んない車両の整備だけど全く書いてない~~~ ブレーキパッドないじゃん~~~~~( ;∀;)

さて明日も臨時休業です 明日も遊びかな???8耐トライアウトのtestをかねてメーカーtestにいくだばさぁ~~~ああああSwissBank行かなくては・・・・

Who's Online

ゲスト 2514人 と メンバー0人 がオンラインです