昨日までの鈴鹿2&4のレースを振り返って‥‥ 無事帰ってはきました。 最終エントリー台数73台 予選通過44台 レース1は各自ベストタイムでのグリッド レース2は各自セカンドtimeの予選グリッド って?????ややこしいけどこのような予選順位となり 残念ながらレース18耐トライアウトは0.5秒ほどタイムが足りず予選通過できず・・・・・(-_-;) 予選落ちとなりました。

レース2はほぼ同じタイムでベストタイムを出しているのでレース2は予選通過・・・・・・・


なぁ~~~んだかなぁ~~~~~~~~って感じです。 周りの約29台の予選落ちをした方から言わせれば予選2でも走れるだけいいじゃん~よかったじゃんって励ましの言葉が出てきましたが うれしいような・・・・・何っていうのか・・・・・・・・非常に複雑な気持ちです。 ただ予選落ちが決定したので今シーズンで引退をする事を決意したものの・・・・まぁ~レース2に出場し走り出し完走するまではこれでラスト鈴鹿レース!!!!って思っていました。   そしてレース2をスタート最後尾べべ争いをしていますがそれはそれ レースはレース 無事完走できるよう14秒台後半でハーフラップまで頑張って走っていました。seraお登勢さんのシャーシ問題をずっと抱えていてまだ特別解決策がないまま我慢に我慢でかなりしんどいレースでした 周回遅れになり始めたときにblueフラッグをみて後方を確認してペースダウン 15秒前半で残りは周回しワークスmachineのHRCやYAMAHAのワークスにスプーンで抜かれてそのあと裏ストレートでなんとなんとワークスmachine HRC YAMAHA とついて行けている・・・・(-_-;) えええええええ マジ? ほとんど離れない!!!!!!!!!!!これはあとでTVを見ても裏ストレートの画像を見てもらえればわかると思いますが130Rのカメラアングルから裏ストレートを上って降りてくるバイクのスピードがほぼほぼかわない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これはおいらも感動!!!!! 130Rのアプローチからシケイン立ち上がりまでそれほど離れない最終コーナーからはタイヤの差などライディングのポテンシャルの差で離れますが・・・・・

Factory icuとして本当にすごい㈱三陽様のserakoteサーマルバリアシリーズをしてこれは本当にすごいヤマハのヤマルーブルチームのstaffレースサポート担当の方もびっくりしていました。

ああああああ そこでおいらはやはりメカニック件ライダーとしてやっていましたがメカニックとしての喜び実戦投入での喜びがあり楽しい~~~嬉しい~~~という感動でした。

開発していてよかったぁ~~~ってすごく思いました。 無事チェッカーを受けギャラリーとオフィシャルさん達の暖かい声援を受け1周走り帰ってきました。Facotory icu これがおいらのしたかった仕事だね~って改めてチェッカー後声援を受け本当に協力をしていただいたブリヂストンさんやKabutoさんシェルアドバンスさんSUNSTERさんアクティブさん伊東電気商会さん山本製作所さんASTERさんなどなど本当に感謝です。そしてmachine提供をしていただいている大阪Möbiusさんの感謝です~~~本当にありがとうございました。 

さて今日はclub icu racing team99として今後一緒に楽しくお遊びレースなどに参戦予定の頭文字HさんのYZF-R6のメンテナンスです。 走行距離40000kmほどですが そろそろやばいってこともありませんが重整備の時が来たR6です。(;´∀`)

今回の整備はリヤサスOH ブレーキOH ヘッドライトバルブ交換 などなどちょいと重整備なのですが40000kmも走ってるとね~~ほんと大変なことになっているのですよね~~~~
さてまずはリヤサスをHie racing Factoryさんへ出荷準備だばさぁ~~~~

Who's Online

ゲスト 2511人 と メンバー0人 がオンラインです